1. HOME
  2. 最新情報
  3. FacebookコンバージョンAPIの簡易連携を可能にする 「Sherpa CAPI Option」提供開始

NEWS

お知らせ

プレスリリース

FacebookコンバージョンAPIの簡易連携を可能にする 「Sherpa CAPI Option」提供開始

News Release

2021年10月13日
株式会社トーチライト

 

FacebookコンバージョンAPIの簡易連携を可能にする
「Sherpa CAPI Option」提供開始

~ Facebook社が提供する「Conversions API Gateway」βテストに参加。
ポストクッキー対策を検討する広告主企業への導入プランを用意~

 

このたび、株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:熊田 聡、以下 トーチライト)は、ソーシャルメディア広告配信プラットフォーム「Sherpa(シェルパ)」(注)のオプション機能として、Facebook社が提供するコンバージョンAPIに対応したポストクッキー対策の新機能「Sherpa CAPI Option」のサービス提供を開始しました。

サービスの背景

ポストクッキー時代のコンバージョン計測に関する課題解決としてFacebook広告において、Facebook Pixelを経由したサードパーティクッキーに依存せずに、サーバーサイドからデータを送信できるコンバージョンAPI機能の導入が推奨されています。サードパーティクッキー規制が本格化するまでに対策しておくことで、従来のサードパーティクッキーベースの計測では欠損するリスクが高いデータを補完し、広告の最適化やコンバージョン計測への影響を最小化することが広告主企業に求められています。
反面、コンバージョンAPI機能の実装には、Facebook Pixelやサーバーサイドの知識が必要になり、広告主企業側、導入支援企業の双方にとって、実装までの技術的なハードルが高く、実装までに時間がかかり、実装後の運用フェーズでの保守の難易度の高さも課題となっていました。

コンバージョンAPIの自動連携ツール「Conversions API Gateway」とは

Facebook社が提供する「Conversions API Gateway」は、開発者のリソースを必要とせずに「Conversions API統合」を迅速かつ簡単に対応できるソリューションです。「Conversions API Gateway」を設定すると、広告主企業のサーバーからFacebookのサーバーに、直接Webおよびサーバーイベントを共有できます。
トーチライトは、2021年4月より「Facebook Business Partner」として、グローバルで一部のパートナーにのみ開放された2ベータ版の早期段階からテストに参加。Facebook社へ機能をフィードバックし、自社の顧客向けのサービス開発に尽力してまいりました。

サービスの概要

トーチライトが提供を開始する「Sherpa CAPI Option」は、「Conversions API Gateway」の仕組みを活用し、コンバージョンAPI経由で直接サーバーイベントを共有できるサーバー環境を「Sherpa」内に用意。導入から運用までサポートいたします。広告主企業が設置しているFacebook Pixelを貼り替える必要なく、ブラウザ経由とのイベントの重複削除は自動的に対応されるため、既存のイベント設計のまま、サーバー経由でのイベント情報を蓄積することが可能です。
実際に弊社のテストサイトで導入した際の作業や確認にかかった時間は数時間程度で、導入ハードルが非常に低いことが魅力です。その他の特長は以下になります。

<全体図>

<特長>

  • 設計から実装まで数ヶ月かかることが多い手動での統合と比較して、導入までの時間とコストが軽減され、最短2週間程度で導入が可能です。
  • 広告主企業において自社のサーバー連携や保守が不要。開発リソースも必要とせず、実装が可能です。
  • Facebook社が提供しているコンバージョンAPI連携機能がベースになっているため、APIの仕様変更への対応がスムーズ。長期的なメンテナンスコストも軽減されます。

<どんな企業に最適か?>

  • すでにFacebook Pixelを利用しており、広告配信を行なっている企業
  • ECプラットフォームなどが提供するパートナー統合機能を利用してない企業
  • 開発リソースや管理コストに懸念があり、コンバージョンAPIは実装したいが、自社にはハードルが高いと感じている企業

トーチライトは、Facebook Business Partnerとして、また広告運用サービスを行う広告会社として、「Sherpa」の開発とサービス提供を通じ、より効率的にFacebook社が提供する広告ソリューションを活用したい、企業のビジネスを支援いたします。

(注)「Sherpa」とは、 Facebook Business Partner 広告運用ツール。
Twitter・LINEにも提供しており、約10,000以上の広告アカウントに接続、利用されています。

以上

株式会社トーチライト  https://www.torchlight.co.jp/

株式会社トーチライト
代表者 代表取締役社長 熊田 聡
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 33F
設立 2008年10月
事業内容 ソリューションビジネス事業、プロダクトビジネス事業

【本件についてのお問い合わせ先】

株式会社トーチライト

担当: Sherpaサービス担当
E-mail:partner_alliance@torchlight.co.jp

最新記事